看護師の仕事内容

看護師になるためには看護学校を卒業して看護師国家試験に合格する必要があります。国家試験に合格したら看護師として働くことができます。看護師の仕事内容は、朝には夜勤者から日勤者に申し送りがあります。申し送りにより、患者の様子を聞き情報を集めます。そして、患者のお世話をします。その間に検査をしたり、検査する部屋やリハビリ室に患者を案内したりします。外来患者に対応する看護師は医師の指示で患者の採血や点滴、手術が必要であれば手術の準備、入院が必要であれば入院の手続きなどがあります。また、手術に立ち会う看護師は手術の準備と患者の精神的なお世話と手術中の意志のフォローがあります。看護師の仕事はとても多く、要領よくこなせなければ仕事が終わらないくらいの量であるといわれます。そして、ナースコールが鳴ればそれに対応する必要が出てきますから、想像以上に看護師は重労働なのです。日勤者は夜勤者のために看護記録をつけて申し送りをします。看護師は普通の看護師の他に認定看護師や専門看護師があります。認定看護師や専門看護師はより専門的な知識を持った看護師です。より専門的な知識を持った看護師は他の看護師の指導の仕事も入ってきます。せっかく得た高度な知識は実戦で役に立てなくてはなりません。それも、自分独りできても意味がありません。病院の看護師がみんなできて初めて意味をなすのです。看護師の仕事内容はとても多く大変なものです。そんな大変な仕事を患者に笑顔を見せたまま行うのは並大抵のことではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です